障害者雇用に関して…どう思いますか?

どうも、千葉のハンコ屋の梅澤です

障害者雇用に関して…うちは完全に素人ですが、積極的に取り組んでいきたいと思っています。

平成29年より障害者雇用に関する制度が変わりました。うちの会社は店舗数がそこそこ多いです。関東全域で65店舗あります。そして常用雇用、短時間労働者すべての従業員を合わせると約350人くらいが所属しています。計算はややこしいですがウチでは3人の障害者の方の雇用が”義務”付けられています。それに伴い、雇用ができていないと納付金を支払う必要があります。実際に今年約100万円納付しました。・・・正直に言います。障害者雇用を進めようと思ったきっかけは”納付金を払いたくない”でした。・・・そんな事(お金)がキッカケだなんて、今思うと恥ずかしいし、カッコ悪いし、器が小さいと思います。さらに、今までは、車椅子などの通路が確保できない!どうせ社内の理解が得られない!暴れられたらどうしよう!うちの会社の仕事は難しいから!などと”出来ない理由”を一生懸命探していました。こんな僕のブラックな部分を公の場で言う必要はないかもしれないですけど、自分に正直でいたいのであえて書きます。そして、一歩ずつですが障害者雇用に向けて進み始めています。

言った通り動機は不純かもしれませんが、障害者雇用を始めるぞ!って事で色々と調べました。…が、結局どこに連絡すればいいのか解らず悩んでいたところ千葉県にある”障害者就労・生活支援センター〇〇園”というところから突然、連絡がありました。「障害者雇用はどのようにしていますか?」と…(あっ、ちょうどよかった。聞いてもらおう)と思い「今ちょうど考えてたんです」と早速、アポを取って色々話しました。まぁ知らないことが多かったです。連絡をいただいたタイミングがとても良かったです。まずは方向性を決めて、後日、船橋の障害者高等技術専門学校の方も加わっていただき”障害者委託訓練企業”というものに登録しよう!という結論に至りました。障害者委託訓練企業というのは、雇用とは違い障害者の方の社会復帰や就労をサポートするという取り組みです。これがキッカケで雇用に繋がればいいなと思いっています。

しかし、その企業に登録しただけでは何も解決しません。大切なことがあります。・・・会社としての障害者雇用に関する考えや取り組みをスッタフに話し、ご理解とご協力をいただくこと。これが一番重要だと思いました。どうしても心配事ばかりが先行してしまいます。理解が得られなかったら…反対されたら…辞められたら…社内がギクシャクしないか…など。しかし、進めたいことです。訓練企業として登録する前にスタッフに色々と説明をしました。そして一番伝えたかったこと「何があっても、今いる皆さんのことを一番に考えています。一人でも理解が得られなかったら…僕は進めたくありません!」と、これ当たり前ですよね。やっぱり今いる人たちが一番大事ですから。結果的に本社にいる人たちには理解をいただけました。良かったです。

あっ、この時点で既にお金のことや出来ない理由探しのことはどうでもよくなってました。障害者雇用に関して真剣に考え話し合ったり、施設の様子を詳しく聞いたり、ヤフー知恵袋を見たり、障害者雇用に取り組んでいる会社の社長さんに出会ったり、障害者を家族にもつ友人が出来たり・・・純粋に障害者とか健常者とか関係なく、誰でも気持ちよく働ける環境を作りたい!!!今はでそう思っています。ご協力いただいている、施設や学校の方、そして何よりスタッフのみなさんには感謝しかありません。ありがとうございます。

そして、先週から1名の男性の方の研修が始まりました。今のところ、問題なく和やかな雰囲気で日々、研修が行われています。12日間60時間と言う長いような短い期間です。この取り組みがどうなるかは自分には全くわかりません!うまくいくかもしれないし、いかないかもしれない。ただ会社にとって、スタッフにとって、僕自身にとって何かしらのプラスになる気づきを与えてくれるに違いないと思っています。と言うか、僕は既に何かに気づき、学び、思うことがありました。それに関しては、研修が終わったらまた書こうかなと思います。

以上です。読んでくれて”ありがとう”ございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です