お使いのご印鑑…確認してください!

どうも、千葉のハンコ屋の梅澤です。

皆さんはどの様なハンコを実印や銀行印(登録印)として使っていますか?写真の様な既製品及び三文判などで登録してしまっている場合はお気をつけください。その場合は印鑑の変更をお勧めします。

上記のハンコは全て大量生産による同型印となります。なぜ気を付けなければいけないのかと言うと、写真に書いてある通りです。

”同じ印影が誰でも容易に手に入るため、犯罪事故の可能性が高くなります。原則として印鑑登録できません”…と書いてあります。不安を煽るわけではありませんが万が一、これらを登録している場合は本当に危険です。想像してみてください…自分の実印や銀行印と同じ印影のハンコがたくさんある・・・こわ〜っ!です。また”原則として印鑑登録できません”と書いていますが、市町村や金融機関によっては登録できてしまう場合も稀にあります。

実際に登録印として使っている方も多いのではないでしょうか。確かに百円ショップやスーパーなどで簡単に手に入るので便利ですよね?また、よく聞くのは卒業記念などでもらってせっかくだから使っている!・・・これ本当に多いです。僕も実際に卒業記念でもらいました。同級生で「登録印として使ってるよ」なんて言っている友人もいます。正直なところ、友達になら「速攻で変えろ!」と言ってしまうと思います(笑)

色々と言っていますが、決して「使うな!」と言っているわけではありません。記念でもらったハンコ…大切な思い出です。百円のハンコ…捨てたらもったいないです。ましてや、自分の名前が彫ってあるものです。大事にしないとバチが当たっちゃいますよね。宅急便のサインの時など”ご家庭印”として使ってみてはどうでしょうか?

伝えたいことは、新たに印鑑を登録する時は既製品ではなく注文印を購入してください!と言うことです。少し売り込みです(笑)平安堂では同じ苗字の名前でも1本づつ印影を作っています(機械彫り)のでご安心ください。また、一級彫刻師による”手彫り”も承っておりますのでよろしくお願いします!!!

機械彫りの場合は上記の様に1本づつ印影を作っています。全体のバランスを見ながら線を太くしたり、淵との接点を増やしたりなど…色々と工夫して作っています。

以上です。読んでくれて”ありがとう”ございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です