【感謝の思いと繋がる願い】

退店や移転の時…最後にしっかり掃除をします。
どうも、梅澤です。先日は我孫子店の移転に向けての閉店作業でした。。

我孫子店です。3月末に移転リニューアルします

 この頃…閉店や移転の作業、そして新店の図面作成などで日々忙しくしています。ショッピングセンター業界は2月から春に向けて動きがあるんですね。時期が重なるので、体調管理をちゃんとしながら頑張っていきたいと思います。

平安堂は関東で65店舗あります。なので、出店・移転・退店が年に何回もあります。

出店や移転、退店と色々なパターンがありますが、移転に対する僕の思いはこんな感じです。
移転ということは、今までいた区画を去るという事ですね。正直、俺自身はさほど思い出はありません。・・・ん?勘違いしないで下さいね“さほど”ですよ(笑)スタッフほどではないという事です。
…でも、スタッフにとっては10数年間過ごしたお店です。楽しかった事、嬉しかった事、大変だった事…たくさんの仲間と過ごし、たくさんのお客様と時間を共有した。いろいろな思い出が詰まっているお店なのです。その思い出の中に少しでも俺が登場できてたら、うれしいく思います。

解体作業…業者さんと一緒に僕もやります

撤去、解体と言う立場で現場を最終確認するのは僕です。なので、商品が引き上げられ…廃棄予定の什器(家具)とゴミだけになった寂しげな店を最後に・・・掃除します。
ふふふ、あたりまえか。
「今まで、お世話になりました。ありがとうございました。」と感謝の思いを込めてね…
まあ掃除したところで、結局は解体業者にぐちゃぐちゃに壊されちゃうんだけどね。
モノや空間には魂が宿ると思っています。なんだろう?愛着が湧く!の方がシックリきますね
(笑)
最後に電気を消して、誘導灯の灯りがぼんやり照らす店を目に焼き付けて、仮囲いのカギを閉めます。
そして、新区画へとその思いが繋がっていき…スタッフとお客さん、そして俺との思い出が新たに作られていく事を願って…
「これから、お世話になります。よろしくな!」と願いを込めて…心の中でつぶやきます。
そんな具合で、出店と退店(スクラップアンドビルド)を繰り返しています。

昨年末、新区画へ移動したアリオ葛西店です。

みなさんにもわかりやすく説明すると・・・僕にとって店舗っていうのは“ゴーイングメリー号”や“サウザンドサニー号”みたいな存在だってことです!ドドドンッ!!!(笑)

あっ、ワンピースに出てくる海賊船の事ですね。いろんな思いが詰まっているんです。

以上です。読んでいただいて”ありがとう”ございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です