未来とは、今を生きること〜映画〝十年〟

先日、10年後の未来を5人の若手映画監督が描いたオムニバス映画〝10年〟をテアトル新宿に観に行きました。

 この映画を観て、将来自分自身はどうありたいのか?自分に向き合うキッカケを与えてくれた映画でした。
10年後の日本はユートピアなのか?デストピアなのか?はたまた何もかわらないのか?
短編5作品でしたが、それぞれの監督の独自性あふれる世界観が表現されていました。
良い映画でした!なんて簡単な一言では言い表せられない…実際の10年後はどうなっているんだろうか?深く考えさせられる映画だと僕は感じました。

高齢化社会、AIの進化、ネット上に置ける個人の蓄積データ、大気汚染、戦争問題・・・様々な社会問題にフォーカスされていて、他人事ではない、また十年という遠い未来ではない近い未来・・・リアリティがあり、恐怖、不安さえ感じる独特な映画でした。でもその中に、一筋の光、希望も見えたりなんかもします。

10年後に日本はどうなっているのか?それはとても重要なことだと思います…でも、それは僕がどうこうできる事じゃないです。
だから、僕は自分自身が10年後にどうありたいのか!それを考えることにします。自分と向き合うキッカケをくれた映画でした。・・・実はこの映画を観てから、沢山考えました。将来、こうありたい!そのためには今をどうすればいいのか?何をやればいいのか?

パンフレットにこんな言葉がありました〝未来とは、今を生きること〟・・・まさにそのメッセージを受け取りました。
閉幕後は監督の1人〝藤村明世さん〟に写真撮影&サインをして頂きました。藤村監督の〝その空気は見えない〟は不安や絶望の中にも希望が見える…あの後、あの世界はどうなって行くんだろう?ファンタジックな要素もあり、想像力をかきたてる作品でした。

映画監督さんと写真を撮ったのは初めてです。キンチョーした〜笑

あまり観ませんが、映画っていいですね。

以上です。読んでくれて〝ありがとう〟ございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です